今回はHyper-Vでは無く、VmwareでWindows vistaを稼働させた時の
イーサネットコントローラが認識しないという時の対策です。

今さらですがvista XPなど一世代前のOSについて度々調べる機会があります。
ちょうどHWが壊れ始めている&保守切れの時期であり、
延命処置や移行などをするため、色々、調査、検証する機会が増えております。

HWの延命にもってこいなのが仮想化です。
外部デバイスなどを利用する場合はHyper-vよりもVmwareが優れている事もあり
今回はVmwareで検証を行っております。
弊社では条件によって提案する製品も柔軟に対応します。

さてマイナー?なOS Windows vistaですが、すんなりvmware上にOSは入りますが、
インストール後にデバイスマネージャーを確認すると
デフォルトではイーサネットコントローラが×になってしまい動きません。
XPなどでは、こんな事はありませんでした。
情報が少なく、なかなか対応は見つからなかったのですが、
やっと以下の対策で動作が確認できました。

対策として、該当ゲストマシンの
vmxファイルに以下の項目を追記します。

ethernet0.virtualDev = “e1000”

こうすると仮想NICがインテルのものとして動くようになり、
Vistaの標準のインテルのドライバー「Intel Pro/1000 MT Network Connection」が使えます。

仮想化が当たり前の時代になってますが
これからは更に古いシステムの移管などで仮想化は活躍しそうです。
しかし今回のようにちょっとした落とし穴にハマる事も多々ありそうです。